celloは人生の新たなる友


by cellist-haruki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

☆はじめに…☆

a0132075_19334380.jpg
■このブログは2009年春よりCelloを学んでいる私・晴喜が書いております。

■内容はCelloのレッスン及び、日々のお稽古のことなど…
■私と同じ初学者の方、これから習おうとしている方のヒントとなれば、幸いです。
a0132075_0571473.jpg

[PR]
# by cellist-haruki | 2010-12-31 23:58

第四ポジション!

■第四ポジション
本日の演奏曲:『大きな古時計』 『荒城の月』

a0132075_234359.jpg
 ついに正規課程でも学び始めた"第四ポジション"。ですが、所謂"ポジション・指番号"で覚えると頭が混乱するので、ある程度になったら"どの弦のどの位置がどの音"という様に、音と弦の位置関係をPiano鍵盤を参考に覚えてしまった方が、断然良いと教わりました。
 また、同じ音階の同じ音でも別の弦の別の指使いによって出すことが出来るため、前後の音との位置関係から押さえやすい場所を選択的に押さえることになります。

 『大きな古時計』 と『荒城の月』を練習しながら、単純なポジション移動と移弦以外の様々なことを、考えさせられた気がしました。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-12-18 23:57 | Cello自主練

「君を乗せて」By Cello

■自主稽古
本日の演奏曲:『君を乗せて』



ハイポジションもこなせるようになったら、上みたいに表現力たっぷり情感たっぷりに演奏するんだ。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-11-24 19:06 | Cello自主練
■伸びやかに、しとやかに…
本日の演奏曲:
『大きな古時計 GRANDFATHER'S CLOCK by Henry C. Work』

a0132075_20541946.jpg
本来、私のテキストでは第4ポジションを学習して後の課題曲として収録されているものですが…とても素晴らしい曲なので第1ポジションのみでも演奏可能なように、調を変えて練習しています。

おじいさんの古時計、家族の歴史を刻み続けた古時計、そんな古時計の深みのある優しさをチェロの音色に奏でて表現する理想を胸に、今日も練習に励んでおります。

二年に一度のYAMAHAアンサンブルステージ(Cello)に立つ予定なので、より一層気合が入りますね…。夢のオーケストラに向けての第一歩です。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-11-14 21:00 | Cello自主練

第16回Celloレッスン

■調弦の方法&3/4拍子の曲の実践
本日の演奏曲:
『アメージング・グレース AMAZING GRACE by James P.Carrell and David S.Clayton』

a0132075_20441697.jpg
◆調弦の方法
①442Hzにチューナーをセット。

A線(切れやすい)の調弦方法
②アジャスタを限界まで緩め、弦をテールピース及びペグに通す。そしてCelloに対し正面から向き合う。ペグの孔に弦を通し過ぎないように注意。
③ペグを掌全体で包み込んで巻く。巻き方は、弦の上に弦が重ならないように。力の方向は巻く方向より寧ろ、ペグを押し込む方向である。音の目安はシ~シ♯までで、そこまで巻いた後はアジャスタの方で巻いていく。この時、ペグが緩んで元に戻らないか注意。

C・G・D線の調弦方法
④アジャスタを適度に緩めてから、以上と同じことを行う。

⑤A・D・G・C線それぞれ調弦したら、全体を通してもう一度チューナーで音を調べる。大抵、他の弦を調節すると隣接する別の弦が緩むので、一度調弦したら再び二度目の調弦(こちらはアジャスタのみ)を行う。大体、2~3回で調弦は済むはずである。

◆アメージング・グレース演奏に当っての注意

アウフタクトで始まる。ボウイングはアップからの開始となるが、弓の使用は先からではなく、中点のやや弓先側からである。アップで息を吸い、ダウンで息を吐くイメージ。また、3/4拍子なのでアップは弓速が速く重みは軽く、一方のダウンは弓速は遅く重みをつけて行うように。手首の返しは、理想的には"円"や"球"のイメージで行うように。但し現実的に中々今のレヴェルでは難しいので、白玉音符を限界まで伸ばして柔らかさを演出しよう。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-11-09 20:48
■チェロアンサンブル
本日の演奏曲:
『G線上のアリア 管弦楽組曲第三番より By J.S.BACH』
『オーラ・リー AURA LEE by George R. Poulton』
『The Rose by Amanda McBroom』

a0132075_20193188.jpg

感想: オー・ラリーって恋の歌なのね…感情たっぷりに合奏。&Celloのみの合奏…凄く新鮮だった。見渡す限りみんなCello!!早くハイポジションを習得して、難しい曲も挑戦できるといいな。先輩方を見て、よき目標を定められた一日だった。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-10-31 20:14 | イベント参加

第12~15回Celloレッスン

■移弦を伴わないスラー・伴うスラー&指を置いたままの移弦&3/4拍子のボウイング
本日の演奏曲:
『歓びの歌 SYMPHONIE NR.9 'CHORAL' op/125 by L.v.Beethoven』
『シューベルトの子守歌 WIEGENLIED D.498 by F.Schubert』
『エーデルワイス EDELWEISS by Richard Rodgers』

a0132075_20115681.jpg
『エーデルワイス EDELWEISS by Richard Rodgers』を課題曲に練習しよう!
◆移弦を伴わないスラー・伴うスラー
いづれにせよ、弓の角度を急に変えないように(別の弦と接触しないように)注意する。最小の弓の角度調整の下、滑らかに音が連続するように努力。

◆指を置いたままの移弦
練習方法の例: D線01を人差し指で押さえたまま、中指のみ平行移動して順番にD線含む4弦を押さえていく。それが出来たら指を増やしていき、同様に人差し指以外の指を他弦に平行移動して押さえる。
※小指がキツイ!
注意点: 肘の角度を調節する。

◆3/4拍子のボウイング
最初の拍が強拍。また、アップとダウンで弓の速度と圧力が変化する。詳しくは後ほど。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-10-26 19:44 | Celloレッスン

第8~11回Celloレッスン

■右手と左手の滑らかな連携
本日の演奏曲:
『オーラ・リー AURA LEE by George R. Poulton』

a0132075_19293675.jpg
◆右手
①弓は駒の接線に平行で且つ、弦に対し直交するように、水平にボウイングするように心がける。
②駒に対し鉛直下向きに力を伝達する。
注意点: 手首を屈曲させない。手首は柔らかく。またボウイングに当り、肘の角度を保持したまま肘先行で腕を動かす。

◆左手
①移弦は腕ではなく、肘の高さを変えることで行う。
②弦の押さえ方: 小指と人差し指は横から寝かせるように、他の指は上から叩くように押さえる。
注意点: 指の間隔を保持して、間隔が縮まらないように気をつける。また腕を指板に見立てたとき、腕が痛まない程度の優しい圧力で弦を押さえる。指板を左手で握ると親指に大した力が入っていないのが分かるが、その感じを指を立てても出来るように!
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-09-28 19:24 | Celloレッスン

指の使い方!

■左指と右指の適切な使い方…手の形と運び方
本日の演奏曲:
『シューベルトの子守歌 WIEGENLIED D.498 by F.Schubert』
『オーラ・リー AURA LEE by George R. Poulton』
『歓びの歌 SYMPHONIE NR.9 'CHORAL' op/125 by L.v.Beethoven』


a0132075_20102284.jpg
夜を徹して子守歌を演奏とか、外で雀が鳴いたら歓びの歌を演奏とか、シュールですね。

■右指(弓の持ち方)
柔らかく紙か布を上から摘むように、掌が弓の柄を環のように(包み込むように)、持ちます。

掌は大きなボールを包んで持っている感じ。中に空洞が出来ている。

■右腕(弓の動かし方)
肘の角度を変化させず、腕を押し出す感じで。

■左指(弦の押さえ方)
指板を持つときの左手の形は、
『掌は大きなボールを包んで持っている感じ 中に空洞が出来ている』

押さえた指の圧力が、指板に対して垂直に伝わるようにする。

東方星蓮船『 虎柄の毘沙門天』とか、弾きたいな。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-09-19 20:25 | Cello自主練

Celloの自主稽古♪

■第一ポジションで二オクターブ ~C major Scale & スラー
本日の演奏曲:
『オーラ・リー AURA LEE by George R. Poulton』
『歓びの歌 SYMPHONIE NR.9 'CHORAL' op/125 by L.v.Beethoven』
『きらきら星 Twinkle, Twinkle, Little Star 』

a0132075_215252.jpg
 弓の松脂が切れて音が擦れるようになったので、松脂を塗りなおして練習再開。塗る前と塗った後で、全く音の質感が違ってびっくり。

 日に日に、音の密度や音の伸びが良くなってゆく実感を得て、とても嬉しかったです。…最初は、弦に指一本でも置くと音が歪んで困ったものですが、最近は大分改善しました。しかし、それでも指三本・四本置くと、音が歪になってしまい…しくしく。9月の最初の克服すべき課題かな。

 G線上アリアやローズにも挑戦してゆきたい。

 『東方地霊殿 少女さとり 〜 3rd eye』
 『東方紅魔郷 上海紅茶館 〜 Chinese Tea 』
 『東方紅魔郷 ラクトガール 〜 少女密室』…

 将来的に弾いてみたい曲は、増えるばかり。
 
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-09-01 23:52 | Cello自主練

我が家のCello

我が家に7.27にやってきたCelloは『Silent Cello SVC110S』(リンク参照)。
a0132075_19344845.jpg

 ▲白いテープは、Celloの先生に貼って貰った第一ポジションの指の位置を示しています。

 私はDTMを趣味としていますので、音声信号をコンピュータに直接入力録音できるこのタイプのCelloは、極めて魅力的な楽器だと思います。
 
 録音環境や機材の選択の手間が省けるどころか、シンセサイザーとCelloの連携演奏、夢は膨らむばかり。コンピューターミュージックにしか出来ないことも沢山あるし、それゆえの良さも沢山あるとは思いますが、やはり、作編曲家自身が生楽器の知識を持っていた方が絶対良いと思います。

 自分で打ち込んだフレーズをシンセサイザーに演奏させながら、しばしば『自分で弾けたらなあ』と思うことがありましたから、生楽器を学び練習する日々は極めて充実しています。わぁい!
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-08-06 20:02 | Cello自主練

8.03第七回レッスン

■第一ポジションで二オクターブ ~C major Scale & スラー
本日の演奏曲:『オーラ・リー AURA LEE by George R. Poulton』

a0132075_1837964.jpg

本日は全ての弦を用いての第一ポジションによる音出しの練習をしました♪

これでようやく二オクターブ分の音が出せるようになったわけで、夏季休暇中、大好きな東方の曲にも少しづつ挑戦してみようと思います。

【練習法】
C線G線D線A線D線G線C線G線D線A線D線…の順に昇降を繰り返す。

指番号はそれぞれ
C線:0134 G線0134 D線0124 A線0124…

最初は全音符、次は二部音符で練習

これを毎日、演奏前に行ってウォームアップする。

一回一回、今までのレッスンで学習した楽器の構え、演奏法・指摘された注意点を確認。

【演奏曲】
『オーラ・リー AURA LEE by George R. Poulton』

A0→D1→A0と一小節で弦を跨いでまた戻り、次にD4D3を四分音符・スラーで繋ぐ…><
これは地味に大変。ウォームアップには最適な曲だと思いますね。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-08-03 17:43 | Celloレッスン

7.13~27第五~六回レッスン

■7.13~27は開放弦でのスラーの練習と第一ポジション練習
■7.27に私のCelloがついに届きました!わぁい!

a0132075_16501982.jpg


【開放弦でのスラー】
弓を弦に対する角度θ を最小にして、アップorダウン

アップorダウンの途中、弓の中ほどまできたら角度θ を変えて、弓の接点を目的の弦に移す。

この時、弓の弦に対する圧力・速さ・向きは一定

(注意点)
子猫の背中を弓でなでるイメージで、やさしく丁寧に。

【第一ポジション練習】
弓を持つ手で一番大切なのは、人差し指。弓・カーボンロッドに人差し指を巻き込む感じ。

高音弦への移弦は、肩ではなく、肘・腕を前方向へ押し出す感じ。

【弓の使い方・トレーニング】
弦を右手指先でもち、指先のみで昇降させる。親指は支え程度。(降り、が結構きつい)
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-07-27 16:43 | Celloレッスン
ヤマハアンサンブルクッキング2009を本日申し込みました。
演奏曲:G線上アリア&ローズ&オーラ・リー
a0132075_19315099.jpg

私が申し込んだのは、『チェロアンサンブル』10月31日(10:30~13:00)です。第一ポジションと既習曲の復習と、そして更なる練習に励まないと。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-07-23 19:20 | Celloレッスン

7.06第四回レッスン

本日は調弦調音の方法&第一ポジションのお稽古
演奏曲:フランス民謡『月の光 AU CLAIR DE LA LUNE』

a0132075_164993.jpg

■調弦・調音の方法

 Piano用のチューナーは440Hzになっているのですが、これを2Hz上げて442HzにしてCelloの調弦調音に用います。半音以上ずれるとアジャスターでは調整できないので、ペグで調整。ただ、ペグは大きく弦の張力を変化させるので、細いA線には要注意!巻きすぎには注意が必要です。

【A線の交換と調弦】
 ①アジャスターをだらだらに緩めて、その上でペグを徐々に締めていく。
 ↓
 ②弦をきつく締めるのは、ペグではなくアジャスターで行う。

■第一ポジションでの左手の指・肩の位置

両腕を左右に(肩が上がらない・胸が張らない位置に)上げて、その肩の位置をキープ。

その位置をキープしたまま、左:肘は前に押し出す形で第一ポジションの位置に掌を持ってくる。

親指はちょっと支える程度、指板の後ろD線の裏側あたり。

小指と親指で両側から挟むように弦を押さえる。一方中指と人差し指は真上から叩きつけるように弦の真上から押さえる。

押さえる際の力は、軽くインターホンを押すくらいの力。(ここで力みやすい!)

■右手の注意点

音が変になるのは、往々にして右手に問題があることが多いのだそうです。でも、初心者ほど左に力を込めて、すさまじい握力で弦を懸命に押さえる、と…。

弓を横に動かすことに専念するべし。

弓と弦の接点が上下にズレないように注意。ひたすら、弓を左右に動かすことに注意。

一音一音、ダウンとアップで止めて弾く練習でこれを定着!

■本日の演奏曲
フランス民謡『月の光 AU CLAIR DE LA LUNE』
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-07-06 15:53 | Celloレッスン

音楽小辞典

おもしろいです。この頁▼
http://orchestra.musicinfo.co.jp/~TSCO/internal/TC/yogo.html
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-06-30 18:09 | Cello自主練

組曲『惑星』より木星

6.22第三回レッスン最後に先生が弾いてくださったG.Holst≪SUITE "THE OLANETS" op.32 JUPITER-THE BRINGER OF JOLLITY ≫組曲『惑星』より木星が、今でも耳に残る。
a0132075_143770.jpg
感動して思わず、演奏終了後に先生に『Celloを選んでよかったです!!』と言ってしまいました。

思えば春…大学の正面で、ヤマハのスタッフさんが配っていた教室案内…あれをみて、『往来の夢(=楽器を演奏すること)をいざ、今果たさん!』と決心したわけですが、ホント、良かった。

ヤマハのカリキュラムですと、私も一月ごろにこの曲を弾けるようになっている予定なのだとか…。
わぁい(〃^¬^〃)。

とりあえず、第一ポジションを出来るようにしよう!
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-06-27 14:04 | Cello鑑賞

6.22第三回レッスン

本日三回目のレッスンは開放弦~第一ポジション。相変わらず左の薬指と中指に困惑する。
a0132075_13293839.jpg


指番号が
C線0C 1D (2D#) 3E 4F
G線0G 1A (2A#) 3B 4C
D線0D 1E 2F (3F#) 4G
A線0A 1B 2C (3C#) 4D

となっていて、()の部分がPIANOで言うところの黒鍵盤に相当するわけですね。開放弦は指を置かないので、番号はそれぞれ0となります。さあ、やってみよう!!!

『びみょ~~~~ん』つД`)・゚・。・゚゚・*:。

おかしい。正しい場所を押さえているのに、違う音が出る!…それは先日のレッスンで私が教えられた、弦に対する指の置き方が徹底されていないことが原因。指の位置が正しくても、指の置く角度でまた、音程が変化してしまうんです!

とにかく、左は指を開く練習、また右はペンをもって手首を動かさず指のみでペンを前後させる練習、逆に指は動かさないで手首のみ旋回させる練習、を以後持続させる必要アリ。

本日の演奏曲はフランス民謡『AU CLAIR DE LA LUNE(月の光)』。D線のみで演奏できる!
先日の弓の使い方に注意。七小節目の四分音符四つ連続(0・3・1・1)に苦労しつつ何とか最後には正しい音程が出せました。
指番号3の音が濁ってしまう…次はもっとクリアーな音が出るようにしたい(* ̄▽ ̄*)~゚!
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-06-22 13:50 | Celloレッスン

6.15第二回レッスン

二回目のレッスンは前回と同じ開放弦・そしてピッチカート奏法…そして!
第一ポジション(弦を指で押さえる)。…指で押さえるとか、ようやく演奏しているって感じになってきた!

■開放弦
今回は四分音符も譜面に現れた!弓の返しに苦労する。
a0132075_12514329.jpg

短い音符に対しては、弓の中心(中点)と重心の間の領域で弾く。弓の全体を使うと、ダウン・アップが大変。
また弓先が地面に突き刺さる方向に向くことはなく、弓を自分の体に引き込むように弾く。
…と言いつつも、指がつりそう。弓の押さえ方を何度か修正した。

最も低音のC線は、最初にカスレると最後まで変な音になるので、引き始めが肝心!
POINT:低い弦→弓の速さ:遅め&やや弦を弓で下へ押し付ける感じ(特にC線)

最も高音のA線は、弓の加重が大きすぎるとギコギコ音になってしまう。
POINT:高い弦→弓の速さ:速く&弓→弦への加重は軽い感じで。

また移弦の時は弾く弓の角度は最小にして滑らかに。

■ピッチカート奏法
今回は本当に初歩。弦を指板に対して垂直に摘み上げると『ベチっ』となるので、それには気をつけた。
演奏曲はヤマハオリジナル曲『Pizzcato Holiday』。全部開放弦。

■第一ポジション
掌を上にして腕を肩の高さ(但し肩が上がらない程度の高さ)にまで緩やかに上げ、そのまま前向きに肘を曲げて、親指を指板の裏側にあてる(指番号2・3の中ほど、G・D線の位置)。

その後、小指親指を弦を左右から包むように(指板の横から出すようにして)押さえ、薬指中指は弦に対して垂直に下ろして押さえる。

弦を上から叩く様に置くと音が出るのだが…私は先生のように音は鳴らなかった。
あと、薬指中指の間がもっと開くように体操をしないと。あと弦に弓を置いたまま、手首だけ旋回できるようになるとGoodなのだとか。
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-06-15 12:37 | Celloレッスン

6.08初回レッスン!

a0132075_12262745.jpg

ヤマハのCello教室に入って、最初はドキドキでしたね…演奏経験は吹奏楽部の打楽器だけなのでヾ(´□`)。。

初回(6.08)は楽器の構え方(体の左側に構えます)~開放弦(指で押さえない弦)。

弓は上から右手で摘み上げる様にもち、腕の重さを人差し指に乗せて、弦へ伝える。カーボン弓、意外と重い!

次に四弦(体に近い方からC/G/D/A線…体から離れる毎に音は高くなる)のうち、レッスンではG線から弾き始めました。そして次にD線。この二弦のみで弾ける曲(伴奏)シューベルトの子守歌を演奏。

全音符と二部音符のみなので何とかクリア。下手でも、自分で音が出せるって楽しいね(`・ω・´)!
[PR]
# by cellist-haruki | 2009-06-08 11:44 | Celloレッスン