組曲『惑星』より木星

6.22第三回レッスン最後に先生が弾いてくださったG.Holst≪SUITE "THE OLANETS" op.32 JUPITER-THE BRINGER OF JOLLITY ≫組曲『惑星』より木星が、今でも耳に残る。
a0132075_143770.jpg
感動して思わず、演奏終了後に先生に『Celloを選んでよかったです!!』と言ってしまいました。

思えば春…大学の正面で、ヤマハのスタッフさんが配っていた教室案内…あれをみて、『往来の夢(=楽器を演奏すること)をいざ、今果たさん!』と決心したわけですが、ホント、良かった。

ヤマハのカリキュラムですと、私も一月ごろにこの曲を弾けるようになっている予定なのだとか…。
わぁい(〃^¬^〃)。

とりあえず、第一ポジションを出来るようにしよう!
[PR]
by cellist-haruki | 2009-06-27 14:04 | Cello鑑賞